就活が不安で死にそうと思っている人は見て!正しい対処法を知れば怖くない!

マインド

就活お疲れ様です。

就活で一度は

「このままで就活大丈夫かな?」と不安を感じたり、「選考に落ちてばっかりで死にたい…。」と感じてうつ状態になってしまうという方もいるのではないでしょうか?

本記事をご覧いただくことで、就活において「不安、死にたい…。」と感じている人の気持ちが楽になり、今日から前向きなアクションを起こせるようになります。

是非、今のつらい気持ちを払拭し、自分の納得できる就活にしていきましょう!

就活生の3人に1人が利用する「キャリアパーク就職エージェント」。就活のプロがあなたの就活状況を丁寧にカウンセリングし、自分に合った企業を紹介してくれます。紹介だけではなく、ESや面接などの選考対策や内定後のフォローまで一貫したサポートを受けることができます。

しかも最初から最後まで利用料は完全無料!エージェントの収益は紹介先の企業から紹介料をもらうビジネスモデルだから、学生からは一切お金をもらわないんです。

しかも、他の就職エージェントと何が違うかと言うと、紹介してもらう企業の質が高いこと!上位0.007%の超優良求人を厳選して紹介してくれます。

1人で就活を進めるのは何かと不安なもの。また、何百万社とある企業から優良企業を見つけるのは非常に難しく、時間もかかります。

キャリアパーク就職エージェント」に無料簡単登録すればそんな悩みも払拭します!超効率的に自分に合った企業から内定をもらい、入社後も自分の思い通りに活躍して毎日充実できる日々へ近づく第一歩です!

自分に合う求人には限りがあります。他の就活生に求人の枠を取られる前に今すぐ登録して、まずは面談をしてみましょう。

小さな一歩を踏み出すことで、未来を変えることができますよ。

\自分に専属のプロアドバイザーがつく!今すぐ簡単無料登録してみる!/

キャリアパーク就職エージェント」の評判についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、登録に迷っている人は是非参考にしてみてくださいね。

就活で死にたいと感じる人は自分だけじゃない!

さて、あなたは今就活に対して「もうこのまま続けてもダメなんじゃないか…。」「自分なんてどの企業からも評価されないダメ人間で死にたい…。」と極度の不安を抱えていませんか?

しかし、就活で不安を感じている人や「死にたい、消えたい」と感じている人は決してあなただけではなく、案外多くな人が抱えている悩みなのです。

NPO法人ライフリンクの“就活自殺”の背景に迫る「就活に関わる意識調査」分析結果報告2013 年10月(第2版)によると、就活開始後に本気で死にたい・消えたいなどと考えたことがある人は21%と約2割の人が極度の不安や自己嫌悪を感じています。

出典:“就活自殺”の背景に迫る「就活に関わる意識調査」分析結果報告2013 年10月(第2版)

また、文部科学省の【概要版】令和2年度 大学における死亡学生実態調査・自殺対策実施状況調査報告書によると、全国の国公私立820大学269万9139人中、死亡学生数は618人、そのうち死因が自殺またはその疑いの人が331人でした。

その中で推定される自殺の背景として不明が1番多いのですが、推定されるものの中では、「学業不振」「進路に関する悩み」が多く、次に「就職失敗」が続いています。

出典:【概要版】令和2年度 大学における死亡学生実態調査・自殺対策実施状況調査報告書

進路や就職について上手くいかずに、自殺を考えてしまう人がいることが分かりますね。

就活で死にそうと感じる理由

就活で死にたいと感じている人は一定数いることを把握できたと思います。

その上で、「就活が不安で死にそう…。」と感じる理由を見ていきましょう。様々な要因が複合的になっている場合もありますが、多くの悩みとして以下のことが挙げられます。

  • 卒業までに1社からも内定をもらえないのではないかと思うから
  • 受ける前から自分を採用してくれる企業がないと思うから
  • 自分の志望する業界や職種から内定が出ないと思うから
  • 突発的な最悪な事態が起きると不安に思うから
  • 新卒採用で失敗したら後がないと考えてるから
  • 周囲の友人と自分の就活状況を比較してしまうから

不安を抱えている時は、漠然と不安を抱えているため、その不安が拡大していきます。

自分の不安はどんな要因から生じているのか特定することで、次へのアクションを考えることができ、前向きに進むことができるのです。

まずは、自分がなぜ不安を抱えているのかを特定するところからスタートしましょう!

①卒業までに1社からも内定をもらえないのではないかと思うから

何十社も立て続けに選考に落ちてしまうと、このまま内定をもらえないまま卒業を迎えることになるのではないかと不安に感じてしまいますよね。

確かに立て続けで選考に落ちてしまうと、何がいけないのかもわからなくてスランプに陥り、「自分は社会から必要とされていないのかな…」と何もかもが嫌になってしまいますよね。

しかし、立て続けに落ちてしまうということには以下のような原因が考えられます。

  • 自己分析・自己理解ができていない
  • 伝え方が適切でない
  • 過度な緊張から適切な受け答えができていない
  • 採用担当者の視点に立った回答ができていない
  • 志望度な高さや自分の強みをアピールできていない
  • 基本的なマナーができていない
  • 倍率の高い、自分に合わない企業ばかりを受けている

一旦冷静になって、自分に何が不足しているのか振り返ってみましょう。

自分の不足点が分からない!客観的な視点が欲しい!という方は就活エージェントに登録して就活のプロから支援を受けることがおすすめです!

↓就活エージェントに複数登録して就活のプロに相談する!就活は1人で抱えなくていいんです!

キャリセン就活エージェント

新卒就活エージェントなら!【キャリアチケット】

後悔の無い就活を支援するJobSpring

↓IT業界を志望している人はレバテックルーキーがおすすめ!

新卒ITエンジニア専門の就活エージェント【レバテックルーキー】

②受ける前から自分を採用してくれる企業がないと思うから

続いて選考を受ける前から自分を採用してくれる企業なんてあるのかなと思うことで不安を感じるパターンです。

特に以下のような特徴の人はこのように感じてしまいやすいです。

  • 学生時代にすごい経験をしたことがない
  • 有名な大学に通っていない
  • 挫折した経験がない
  • 自分の強みや長所を見つけることができていない(強みや長所があるのに)
  • 自己肯定感が低め

選考を受ける前は、どんな評価を受けるのか想定しづらいため、こう思ってしまうのも仕方がないです。

そのために、早期選考を受けたり、客観的な視点をもらうことが重要です。

自分に合った企業の早期選考案内を受けたり、客観的な視点をもらうには就活エージェントへの登録がおすすめです!

↓就活エージェントに複数登録して就活のプロに相談する!就活は1人で抱えなくていいんです!

キャリセン就活エージェント

新卒就活エージェントなら!【キャリアチケット】

後悔の無い就活を支援するJobSpring

↓IT業界を志望している人はレバテックルーキーがおすすめ!

新卒ITエンジニア専門の就活エージェント【レバテックルーキー】

③自分の志望する業界や職種から内定が出ないと思うから

仮に内定を得ることができても自分の志望する業界や職種から内定を得ることができない自分はダメなんだと思ってしまうパターン。

確かに誰もが自分の志望する業界や企業から内定を得たいとは思いますよね。

NPO法人ライフリンクの“就活自殺”の背景に迫る「就活に関わる意識調査」分析結果報告2013 年10月(第2版)によると、自分の希望とかけ離れている就職先について「就職しない」「分からない」「そもそもエントリーしない」が63%を占めています。

出典:“就活自殺”の背景に迫る「就活に関わる意識調査」分析結果報告2013 年10月(第2版)

確かに、妥協せずに自分に合った就職先を決めることは大切です。

しかし、1つの業界や職種に固執してしまっているのであれば、視野を広げてみても良い選択肢です。

例えば、数字を扱う分析力の問われる仕事がしたいと考えた時に、「マーケターしかならない!」と決めつけてしまうのはよくありません。

他にも「研究職」「コンサルタント」「企画職」「データアナリスト」など数字を扱う分析力の問われる職種はたくさんあります。

その中でも「こういう理由があるからマーケターだ」という理由がないのに決めつけてしまうと選択肢が狭まってしまうのです。

業界に関しても同じことが言えます。

第一志望の職種や業界を志望する理由とともにその周辺の職種や業界で、入社をしても同じように頑張れる、自分の強みを発揮することができると思えるような視野の広さを持って企業のエントリーを考えましょう。

④最悪な事態が起きるのではないかと不安に思うから

「最悪な事態が起きるのでは?」と根拠もなく過度に不安を感じるパターン。

  • 「面接中に緊張のあまり頭が真っ白になり声が出なかったらどうしよう…。」
  • 「内定をもらえないまま途方に暮れるような最悪な人生になったら…。」

と起こるかわからないその人にとっての最悪な事態を想像してしまうことから不安が増大してしまうのです。

人間、起こりもしないことを不安に考えやすいです。しかし、その不安のほとんどは起こらないとも言われています。

しかし、最悪な事態を想定できるというのは、ある種長所でもあります。なぜならリスクを想定して適切な対処までできればリスクマネジメントができることに繋がるからです。

「自分が想定する最悪な事態:面接中に緊張のあまり頭が真っ白になり声が出なくなってしまう」

→「対処法:緊張しないまで自分の考えの深掘り、面接練習をしておこう」「対処法:面接前は15分前には到着して緊張を抑えられるリラックスするあの音楽を聴こう」

⑤新卒採用で失敗したら後がないと考えてるから

新卒採用で失敗したら後がないと思い、今の就活で人生がかかっていると過剰に不安や負担を感じているパターン。

NPO法人ライフリンクの“就活自殺”の背景に迫る「就活に関わる意識調査」分析結果報告2013 年10月(第2版)によると、就活に不安がある人は80%を占め、その内不安な理由として「新卒採用下では失敗は許されなのでは」の回答が21%を占めています。

出典:“就活自殺”の背景に迫る「就活に関わる意識調査」分析結果報告2013 年10月(第2版)

やはり新卒採用で失敗は許されないと感じてしまいますよね。

しかし、新卒で入社をする企業はその人のファーストキャリアであり、その後に転職をする人も多くいます。

また、新卒採用で上手くいかなくても他にも選択肢はあります。それに関しては「就活が不安で死にそう…」と思う人への対策を解説!の中の「多方面において選択肢を広げる」で詳しく解説しているので是非ご覧ください。

また、考え方の問題ですが、上手くいかなかったなと思って入社をした会社だったけれど、仕事をしてみると自分にとても合っていた、社内の雰囲気がとても落ち着いて毎日仕事に行くのが憂鬱ではなくむしろ楽しいという場合もあります。

上手くいくかいかないかは、入社して初めて分かることも多くあるのです。

⑥周囲の友人と自分の就活状況を比較してしまうから

就活で周囲の友人と比較して、「友人は上手くいっていのに、なんで自分はどこからも内定をもらえないんだ」と自己嫌悪に陥ってしまうパターン。

NPO法人ライフリンクの“就活自殺”の背景に迫る「就活に関わる意識調査」分析結果報告2013 年10月(第2版)によると、周囲の就活の進捗を聞いてプレッシャーを感じることはあるかとい質問において「とてもある」「ときどきある」と回答した人の割合が81%と多くの就活生の周囲の人と比較してプレッシャーを感じています。

出典:“就活自殺”の背景に迫る「就活に関わる意識調査」分析結果報告2013 年10月(第2版)

多くの大学生が卒業後に就職を希望し、同じ時期に就活をしているため、周囲の就活状況が気になって比較してしまいますよね。

しかし、就活は他人と比較する必要は一切ありません。

なぜなら、入社後に働くのは自分であって、自分に合う企業から内定をもらうことに意味があるから。

友人が内定をもらった企業の倍率が自分の受けている企業よりも低く、単純に受かりやすいことも考えられます。仮に友人が倍率の高い人気企業から内定をもらっていたとしても、その企業から友人は評価される強みを持っているのかもしれないけれど、他の企業で評価されるとは限りません。

またその人気企業が必ずしも優良企業であるとは限りません。

友人と情報交換をするということ自体は悪くありません。自分だけでは知り得なかった情報を獲得できたり刺激を得ることができます。また、決して比較する訳ではなく、友人の良い点や評価される点を見て学んでいくというのも良いです。

しかし、情報交換をした上で「比較はしない、自分は自分なりに就活を進めていく」という考え方を持って就活をしていきましょう!

就活で上手くいかなくても死にそうと思わなくて良い!

ここまで

  • 就活に対して不安、死にそうと感じている人はあなただけではないということ
  • 就活で不安、死にそうと感じる理由

について解説してきました。

ここまでご覧いただくと、自分が悩んでいることは他の人も同じように悩んでいることがご理解いただけたかと思います。

結論、就活は簡単に内定を得て終わりというものではないので、立て続けに選考に落ちてしまっても過度に気にする必要はありません。

また、簡単に内定を得ることができる企業は依然としてブラック企業である傾向が高いです。

今苦労して行っている就活は1年後、3年後、5年後、10年後に笑顔で仕事をするための与えられた試練だと考えましょう。

今の苦労が未来の幸せを形成することができます。

「就活が不安で死にそう…」と思う人への対策を解説!

「就活が不安で死にそう…」と思いながら就活をしていても思うような就活ができないどころか、自分に自信を失ったり、就活は嫌なことだとマイナス感情が生まれ、悪循環となってしまいます。

そのため、まずは「就活が不安で死にそう…」という感情を払拭するための適切な対処をする必要があります。

今回ご紹介する適切な対処法は以下の4つです。

  • 就活を楽観的に捉える
  • 就活をサポートしてくれるエージェントを活用する
  • 早期選考を受ける
  • 多方面において選択肢を広げる

1つ1つ見ていきましょう!

①就活を楽観的に捉える

就活に対して「不安・死にそう」と過度に心配している人は、もう少し就活を楽観的に捉えましょう。

令和3年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(2月1日現在)によると、大学の就職内定率は89.7%で、このうち国公立大学の就職内定率は、91.4%、私立大学は、89.2%と約9割の人は内定を獲得することができています。

また、就活は内定を得ることだけが目的ではありません。

就活の対策を通して以下のような力を身につけることができます。

  • OB訪問を通じて社会人の方との適切なコミュニケーションやビジネスマナーを身につける
  • 業界・企業研究を通じて、社会・企業のビジネスモデルを把握する
  • 自己分析を通じて自分の強みや弱みの把握をする
  • 面接練習やエントリーシート作成を通じて、自分の考えていることを相手に分かりやすく伝える

したがって、就活で選考に落ちてしまうことが続いても、その努力は確実にあなたの力になっています。

その努力を継続することで、あなたに合った企業と出会い、内定を得ることができます。

今は、選考に落ちてつらい期間かもしれませんが、短期的ではなく、長期的な自分の幸福を鑑みて就活を楽観的に捉え、焦らず前を向いていきましょう!

②就活をサポートしてくれるエージェントを活用する

「就活で選考に落ちてしまって自信を失っている」「スランプから抜け出せない」という人は是非無料で利用できる就活エージェントを活用してみましょう。

就活エージェントのプロと丁寧なカウンセリングを行うことで適切なフィードバックももらえるので安心です。

就活エージェントは多くの就活生をサポートし、採用する企業との契約関係にあるので、企業が見ているポイントも把握しています。

そんな就活のプロからのサポートをしかも無料で利用しない手はありません!

さらに、カウンセリングを通じて自分に合った企業の紹介や面接練習、面接の日程調整、内定後のフォローなどワンストップで支援を受けることができます。

自分で繰り返し対策をすることが大切ですが、自分1人では気づかない点や1人で全部行うのでは無くて頼れることは頼るという考え方も大切です。

↓就活エージェントに複数登録して面接練習をプロと行う!

キャリアパーク就職エージェント

↓IT業界を志望している人はレバテックルーキーがおすすめ!

新卒ITエンジニア専門の就活エージェント【レバテックルーキー】

③早期選考を受ける

続いて受ける前から自分を採用してくれる企業がないと思う人は、自分が評価をされることに慣れていないため、余計な心配をしてしまいます。

したがって、早期選考を受けて就活で企業から評価を受けるということに慣れる必要があります。

さらに、早期選考で内定を1社でも獲得すると、自分が企業から評価されたと自信を持つことができます。

その早期選考での経験が次の選考へ活かすこともできます。

是非早期選考を受けて、自分に自信をつけましょう!

↓逆求人型サイトに登録して早期選考のオファーを受ける!逆求人型サイトは複数登録がおすすめ!

OfferBox キミスカ dodaキャンパス

④多方面において選択肢を広げる

最後に就活に対して自分の就活の進め方が当たり前といった固定観念にとらわれていませんか?

もっと柔軟に視野を広げて進めればより良い導線づくりをすることができる場合があります。

選択肢の広げ方として以下の4つを取りあげます。

  • 秋冬採用を受けることを検討してみる
  • 既卒で就活をすることを検討してみる
  • 選考を受ける業界、企業規模を広げてみる
  • 就活以外の選択肢もあるということも把握しておく

秋冬採用を受けることもできる

多くの就活生が就活を終えている大学4年生の8月~12月頃の秋採用や12月以降の冬採用を受けることができます。

秋・冬採用の時期は、多くの就活生が就活を終えていますが、内定辞退をされた優良企業が残っていることも多くあり、優秀な就活生は既に就活を終えているからこそ、チャンスの時期です。

既卒で就活をすることもできる

卒業までに内定を得ることができなくても、社会人経験がない状態の既卒として就活を行うことも可能です。

この時に、なぜ大学在学中の就活時に就職を決めなかったのか聞かれたり、新卒採用よりかは求人数が少なくなってしまうのは確かです。

しかし、既卒の求人が十分にあることは確かですし、既卒に特化した就活エージェントもあります。

急いで内定を取ることだけを目的とし、すぐに離職してしまっては元も子もないですよね。

1つの選択肢として自分により合った企業を探すために既卒として就活を行うというのも1つの選択肢です。

↓既卒に特化したエージェント「UZUZ既卒」に無料登録してみる!

  • キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒だから同じ境遇を理解してもらえたり経験したからこそ分かるノウハウを聞ける!
  • ブラック企業を徹底排除をし、UZUZ既卒の紹介で入社した人の定着率は93%以上と安心!
既卒・フリーターでも内定率80%超え!【ウズキャリ既卒】

選考を受ける業界、企業規模を広げてみる

大手や人気企業、人気な業界ばかりを受けていませんか?

大手や人気企業、人気な業界は倍率が高く、どうしても選考通過のハードルが高くなってしまいます。業界や企業規模を広げることで選考を通過することができるようになる場合があります。

私は「絶対大手!絶対この業界!」と決めている人もいるかもしれません。しかし、そこには「なぜ?」という深掘りをしてしっかり言語化できていますか?

正直、入社をしてみないと分からない点もある中で、絶対というのは言い切れない場合もありますよね。

大手や人気な業界・企業を受けない方がいいという訳ではなく、そのような企業も受けながら選考を受ける業界、企業規模を広げることがおすすめです。

業界、企業規模を広げて選考を受けていく中で、自分に合った企業との出会いを発見することもあります。

就活以外の選択肢もあるということも把握しておく

多くの大学生は卒業したら就職という方が多いため、就活という選択肢一点張りになってしまいがちですが、就活で入社する企業を1社決めるという選択肢以外にも実は以下のような選択肢があります。

  • 大学院や専門学校へ入学する
  • 留学や今しかできないことをする
  • 起業する
  • フリーランスになる

起業やフリーランスは、個人で稼げるスキルがない人がいきなり始めるのはハードルが高い場合がありますが、決めつけずに幅広い視野を持って、自分の人生を考えることは大切です。

~就活が不安で死にそうと思っている人は見て!正しい対処法を知れば怖くない!~まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本記事「就活が不安で死にそうと思っている人は見て!正しい対処法を知れば怖くない!」はいかがでしたでしょうか?

就活で不安を感じたり、死にそうと感じている人は、自分にも当てはまる思考の原因がありましたか?

先述しましたが、不安を悩みを抱える根本原因を突き止めることが重要です。根本原因が特定できないと何に不安を抱えているか分からず、余計に不安が増大してしまうのです。

原因を特定するために、現在不安を抱えている原因やどんなことが嫌なのかメモ帳に書き出してみましょう。

書き出すことで原因が特定することができる上、ストレス解消にも繋がります。

キャリアパーク就職エージェント」に無料簡単登録して、プロに相談することで就活における悩みを払拭できますよ!

→→キャリアパーク就職エージェントの詳細を見てみる!

タイトルとURLをコピーしました