最終面接が不安で仕方ない人必見!受かるためにするべきことを徹底解説!

ノウハウ

最終面接前の緊張感はこれまで以上に大きいものですよね。

ここまで選考のためにたくさんの対策してきたからこそ「なにがなんでも受かりたい!」と思っているはずです。

そこで、本記事では「最終面接の特徴」や「最終面接に落ちやすい人・通過しやすい人の特徴」を把握した上で、「最終面接を突破するには具体的にどんなことをするべきなのか」について解説します。

「最終面接が終わった後にするべきこと」についても解説しているので、「最終面接が終わったけど不安で何をしたら良いか分からない!」と次へのアクションへ移せないという方も必見の内容になっています。

是非記事を最後までご覧いただき、最終面接を突破して自分の志望する企業からの内定をゲットしていきましょう!

就活生の3人に1人が利用する「キャリアパーク就職エージェント」。就活のプロが面接対策をしてくれるので、最終面接も自信を持って挑むことができますよ。

\自分に専属のプロアドバイザーがつく!今すぐ簡単無料登録してみる!/

キャリアパーク就職エージェント」の評判についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、登録に迷っている人は是非参考にしてみてくださいね。

目次
  1. 最終面接の特徴を理解しよう!1・2次面接との違いも合わせて解説!
  2. 最終面接に落ちやすい人の特徴とは?
  3. 最終面接に通過しやすい人の特徴とは?
  4. 最終面接を突破するために準備しておくべきこと5選!
  5. 最終面接で逆質問を行う際のポイント[逆質問がない人はまずい!?]
  6. 就活成功者はやっている!最終面接が終わった後にするべきこと
  7. ~最終面接が不安で仕方ない人必見!受かるためにするべきことを徹底解説!~まとめ 

最終面接の特徴を理解しよう!1・2次面接との違いも合わせて解説!

まずは、最終面接の特徴について以下の観点から把握しておきましょう。

  • 最終面接の面接官
  • 最終面接の面接形式
  • 最終面接で見られるポイント

こちらの記事の中で詳しく解説しているので、是非ご覧ください。

1・2次面接の違いと合わせて解説しています。

最終面接に落ちやすい人の特徴とは?

  • 「最終面接に落ちやすい人って何か共通点とかあるの?」
  • 「最終面接で通過する人ってどんな人なのかな?」

といったことは気になるところですよね。

ここでは、「最終面接に落ちやすい人の特徴」と「最終面接に通過しやすい人の特徴」を解説します。

自分が落ちやすい人の特徴に当てはまっていないか、通過しやすい人の特徴で自分にも取り入れられることはないか考えながらご覧ください。

まずは、最終面接に落ちやすい人の特徴から解説していきます。

最終面接に落ちやすい人の特徴は以下の4つが挙げられます。

  • 思考が浅く、抽象的な回答をしている
  • 第一志望と即答できない
  • 相手視点ではなく、自分視点で話している
  • 企業、社会に関する理解が浅い

①思考が浅く、抽象的な回答をしている

誰でも言えるような思考の浅い抽象的な内容を伝えても面接官の心に刺さりません。

例えば、「グローバルに活躍したい」と伝えたとします。

「グローバルに活躍するとはどんな風に?」と面接官から深堀りされた際に「え、なんだろう」となってしまっていては、思考が浅く、抽象的な印象です。

「御社では海外販売比率が85%を占め、業界内でもトップシェアであるため、御社のサービスをご提案することで、世界の〇〇という課題を解決していきたいです。そもそも世界の○○という課題を解決したいと思った背景としては〜」といったように

  • なんとなくかっこよさそうだからグローバルに働きたい
  • 英語を活かせる仕事がしたい

などの浅い思考ではなく、

  • 「それをしたいと思った理由(背景)は何か?」
  • 「それを行うことでどんなことを実現していきたいのか?」
  • 「なぜそれが選考を受けている企業で成し遂げることができるのか?」

ということを自分のこれまでの経験や大切にしている価値観や信条とともに伝えるようにしましょう。

②第一志望と即答できない

企業は、最終面接で目の前の学生に内定を出すかを決めることになるため、企業にとっても大切な場になります。入社意欲の低い学生に内定を出してしまい、辞退されると採用予定人数まで達することができなくなってしまいます。

そのため、最終面接では現在の就活の選考状況を聞かれる場合が多いです。

その際に、第一志望であることをしっかり伝えましょう。

第一志望でない企業に対しても「第一志望です。」と伝えるようにしておきます。

「え?本当は第一志望じゃない企業なのに、第一志望と伝えても良いの?」と思うかもしれません。しかし、最終面接で第一志望と伝えても一般的には内定辞退することが可能です。

第一志望と伝えた後に、「では、弊社から就活を終えた際に就活を終えますか?」と聞かれた際には、次のような回答をしましょう。

「現在、御社を第一志望で考えているのですが、内定をいただいた後に改めて御社を含め様々な企業の方と面談をさせていただき、不安を無くした状態で最終的に入社をする企業を決断しようと考えています。ミスマッチをできるだけ最小限にして入社をすることで、自分のみならず就職先の企業様にとってもより良い選択になると考えるからです。」

「弊社は第一志望ですか?」と聞かれてうっかり「いえ、第二志望です。」と失言しないように注意しましょう。

③相手視点ではなく、自分視点で話している

「最終面接まで来たらなんとしてでも通過して内定をもらいたい!」と思いますよね。

しかしその思いが強いあまり、相手(企業)の視点を忘れて自分視点で伝えていると良い評価をしてもらえません。

企業があなたを採用するメリットは何があるのかを言語化し、面接官の1つ1つの質問の意図を考えて伝えるようにしましょう。

これは恋愛に置き換えると分かりやすいです。彼氏自身が楽しいと思うデートを計画する人よりあなたが楽しいと思えることを考えたデートを計画してくれる人の方が好意的に思えますよね。

まさに自分視点ではなく、相手視点に立てる人が重宝されます。

「成長したい」とか「こんな仕事がしてみたい」といったような視点を自分に向けるのではなく、「自分の〇〇という強みを活かせば御社の〇〇に貢献することができます(企業があなたを採用するメリット)」と相手に視点を向けましょう。

④企業、社会に関する理解が浅い

企業や社会に関する理解が浅いと、「その企業に対する熱意が低いから調べきれていないのでは?」と思われてしまいます。

志望動機を伝える際に、「同業他社と比べた上で〇〇という点から御社を志望します」という御社ではないといけない明確な理由を伝える必要があります。

そのためには、同業他社と比較し徹底した企業研究を行う必要があります。

また、どの業界の企業も社会に対して何らかの商品やサービスを通じて社会貢献をしています。

そこで、社会で起こっている問題やその業界の関わる社会のニュースを把握しておく必要があります。

もちろん、その業界で何十年も従事している面接官と学生であるあなたの業界に関する知識量が違うのは当たり前です。

しかし、業界に関する社会のニュースにアンテナを張って、ある程度業界の知識を把握した上で、これから成し遂げていきたいことや志望動機を伝えることで評価を上げることができます。

実際、ここは努力です。1日1つでも業界に関するニュースをインプットする習慣をつけましょう。

最終面接に通過しやすい人の特徴とは?

続いて最終面接に通過しやすい人の特徴について解説します。

最終面接に落ちやすい人の特徴を押さえていれば、すんなり入ってきやすいはずです。

最終面接に落ちやすい人の特徴は以下の4つです。

  • 熱意や志望度の高さを伝えることができる
  • キャリアプランを明確化し、伝えることができる
  • 企業が自分を採用するメリットについて伝えることができる
  • 自社の社風に合っていると納得させることができる

①熱意や志望度の高さを伝えることができる

企業にとって最終面接は、目の前の学生に内定を出すかという最終ジャッジの場。

そんな時に、熱意や志望度の高さを感じられない人に内定を出しても企業側が損してしまいますよね。

採用には莫大な時間・コストをかけています。

そのため、内定を出しても辞退されるような学生に内定を出してしまうと、採用予定人数に達することができなくなってしまいます。

したがって、その企業に対して熱意や志望度・入社意欲の高さを伝えることで、「この学生なら内定を出しても辞退されることは最小限に抑えられるだろう」と思ってもらう必要があるのです。

熱意や志望度の高さを伝えるには以下のことを行いましょう。

  • 同業他社と比較した上での志望動機を伝える
  • 自分の強みは御社でこそ活かすことに意義がある理由を伝える
  • 逆質問で自分の考えを付け加えた上での質問をする
  • 第一志望である旨とその理由を伝える
  • 入社後に成し遂げたいことやそれに基づくキャリアプランを伝える

②キャリアプランを明確化し、伝えることができる

キャリアプランを明確に考えられていることも大切です。そのためには入社後に成し遂げたいことを考える必要があります。

先述しましたが、企業は採用には莫大な時間・コストをかけています。したがって、内定辞退を最小限に抑えたいこととともに早期離職されることもできるだけ最小限に抑えたいとも考えています。

入社後に成し遂げたいことが明確で、かつそれに基づいたキャリアプランを考えられている人は早期に離職することは考えづらいですよね。

一方で、キャリアプランについて全く答えることができないと「その場しのぎで内定を得たいだけなのでは?成し遂げたいことも特に無さそうだから入社して嫌なことがあったらすぐにやめちゃいそうだな…」と思われても仕方がないのです。

③企業が自分を採用するメリットについて伝えることができる

企業側は、莫大な時間・コストがかかるのは採用だけではなく、入社後の研修や社員への給料も支払わなければいけません。

したがって、どの学生を採用するのかは企業の今後においてとても重要なことなのです。今後会社に利益を生んでくれるような人材を採用すれば、社員への投資に失敗することはありませんからね。

そのため、企業が今後事業を継続していく上で、「自分が利益を出していくことができる存在である」ということを伝える必要があり、それができる人は高い評価を得ることができます。

④自社の社風に合っていると納得させることができる

自社の社風に合っている人が評価をされます。

自社の社風に合っていないと、どんなに優秀な人でもその会社で成果を発揮することができず、結果としてその人自身、会社、周囲の社員にとって悪影響になるからです。

最終面接を突破するために準備しておくべきこと5選!

最終面接に通過しやすい人の特徴に当てはまるようになるために、最終面接前に以下の準備をしておきましょう。

  • 提出したエントリーシートと前回までの面接を振り返る
  • 同業他社と比較した企業研究を行う
  • 自分の強みをその企業でどう活かすことができるかを伝えられるようにする
  • 1人で面接練習を繰り返し行い、客観的に見る
  • 現在の選考状況を確認しておく

①提出したエントリーシートと前回までの面接を振り返る

1・2次面接を経験した人はわかると思いますが、面接では提出したエントリーシートや履歴書から質問を深堀りされることが多いです。

また、1・2次面接で答えた内容と一貫性を保つことが大切です。

例えばエントリーシートで書いていた内容とエピソードを変えるということ自体は良いですが、そのエピソードから伝えたい自分の強みや大切にしたい価値観は変えないようにしましょう。エピソードが変わることは様々な状況で自分の強みや大切にしたい価値観を活かしているという裏付けにもなります。

しかし、自分の強みや大切にしたい価値観という結論部分まで変えてしまうと、面接官はあなたについて理解をすることができません。また、「あなた自身も自分のことを理解していないのでは?」と思われてしまいます。

②同業他社と比較した企業研究を行う

最終面接に通過しやすい人の特徴として「熱意や志望度の高さを伝えることができている」ことを挙げましたね。

それらを伝えて納得させるためには、同業他社と比較した企業研究を行っておく必要があります。

そのためには以下のことを他の企業と比較しながら確認しておきましょう。

  • 企業理念
  • 業界におけるその企業のポジション、シェア
  • その企業が強みとしていること(商品・サービス、ビジネス戦略など)
  • 企業の現在の課題
  • 企業の中長期なビジョン

③自分の強みをその企業でどう活かすことができるかを伝えられるようにする

自分の強みをエピソードとともにただ伝えるだけでは事足りずなんですよね。

その強みを企業でどう活かしていけるのかまで話すことで他の就活生と差別化することができます。

初対面の相手とたかだか1時間程度話をするだけで、相手を理解することって案外難しいものです。「自分の強みをエピソードとともに伝えるからそこから企業での活かし方は想像してね」というスタンスではいけません。

目の前の面接官も役員など偉い立場にいて、その業界についてのことは熟知されている方ですが、人を見る目があるプロでもなんでもありません。

「きっと分かるだろう」は危険な考えです。

相手は自分のことを分からない人なんだという認識を持って、その企業でどう活かすことができるかを伝えましょう。

④1人で面接練習を繰り返し行い、客観的に見る

前日などに大学のキャリアセンターの人と面接練習の日程が合わないなんてこともありますよね。

そんな時は自分1人で面接練習を行いましょう。

自分1人で行う際は、録画をして自分の話し方や表情、話している内容について客観的に見るようにしましょう。

自分1人で行う面接練習は、繰り返し何度でも行うことができ、直すポイントがすぐに発見できるのでおすすめです。

⑤現在の選考状況を確認しておく

意外と盲点なのが現在の選考状況を確認しておくということです。

最終面接では、

  • 入社する覚悟はあるか
  • 入社意欲が高いのか
  • 活躍してくれる人材か

を見ています。

したがって、現在の選考状況を聞かれることが多いです。きちんと把握していないと、答えるのに時間がかかったり焦ってしまいます。

  • 他に受けている業界
  • 他に受けている企業数と選考状況
  • 内定をもらっている企業数とその企業名
  • 他社を受けている理由や共通点
  • その中でも御社を強く志望する理由

を把握しておきましょう。

最終面接で逆質問を行う際のポイント[逆質問がない人はまずい!?]

続いて最終面接で逆質問を行う際のポイントを解説していきます。

最終面接の逆質問は、選考における最後の最後になります。そこで、好印象を残したいものですよね。

是非以下のポイントを意識して質問をしてみてください。

  • 面接官の過去の経験やパーソナリティを引き出す質問をする
  • 自分の意見を述べた上で質問をする

先述しましたが、面接官も普通の人です。したがって、話をしていて話しやすい、この人いいなと思わせることが大切なのです。

面接官はこれまで多くの学生と面接をして、正直疲れているし、聞き飽きています。

そんな面接官に逆質問で、面接官から話を引き出してみましょう。人は自分に焦点が当たって自分が話したいという欲求を持っています。

したがって、面接官の過去の経験やパーソナリティを引き出す質問をして、話を引き出し、傾聴することで「この子、なんかいいな」という印象を持ってもらうことができます。この際のワンポイントアドバイスとして、面接官の名前を呼ぶということも意識しましょう。名札がある場合は良いのですが、名札がない場合は、最初に自己紹介された時に名前を覚えておきましょう。

逆質問は面接の最後の方なので、忘れてしまいがちです。意識して覚えておきたいですね。

こちらの記事で逆質問の適切な伝え方を詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

就活成功者はやっている!最終面接が終わった後にするべきこと

最後に「最終面接が終わった後にするべきこと」を解説します。

最終面接を終了した後、

「思うようにいった!やりきれることはやった!」という方もいれば「面接官の反応悪かったし、思うように伝えられなかった…。」という方もいることでしょう。

どちらの場合でも、この後の就活を上手く進めるためにやるべきこととして以下の4つが挙げられます。

  • その日のうちにお礼メールを送る
  • その日のうちに面接を振り返る
  • 内定が出た場合にどうするか考えておく
  • 他社の選考対策をする

この後の就活を納得するものにしていくためにも是非実践していきましょう!

①その日のうちにお礼メールを送る

これは最終面接のみならず、1次面接の時から是非行ってほしいのですが、企業の人事・採用担当者宛にお礼メールを送るようにしましょう。

お礼メールを送ったから採用に直結するという可能性は低いかもしれません。もちをん面接で話したことの方が重視されるのは当然です。

また、企業の人事・採用担当者宛にお礼メールを送っているので、人事の人が面接官に伝えない場合もあるかもしれません。

しかし、細部にまで配慮ができ、感謝を伝えられる人は必ずどこかで評価をされます。またこれは社会人になっても必要な力です。最後の最後にあなたともう1人の学生で迷った際に、メールを送ったからというよりかは細部にまで配慮ができ、感謝を伝えられる人というあなたの人間性が評価をされて内定をもらえることも考えられます。

後悔しないためにやれるだけのことをやっておきましょう。

事前にテンプレートを作っておき、一部、「面接で〇〇様の〇〇というお言葉から〜」といったように書き換えるだけの文章を作成しておくとスムーズです。

メールはできるだけその日のうちに送るようにします。面接がその日の夕方頃で、遅い時間の連絡になってしまう場合は、翌日の朝にしましょう。

②その日のうちに面接を振り返る

次に、面接の振り返りを行います。

あまり上手くできなかったという方は「振り返りたくないなぁ…」と思うかもしれません。しかし、今後の就活を効率よく自分に合った企業から内定を得るためには、逃げずに振り返ることが重要です。

  • どんな質問をされたか?
  • どんな深堀りをされたのか?
  • 深掘りをされた時に自分の信念を明確に言語化できたか?
  • 答えるのに戸惑った質問や深掘りはどんなことか?

人は1日後に74%を忘れてしまいます。

したがって、その日のうちにできれば帰りの電車などで振り返りしましょう。

③内定が出た場合にどうするか考えておく

最終面接を受けた企業から内定が出た場合に就活を終わらせるのか、続けるのか考えておきましょう。

第一志望であるけれど、正直本当にその会社でいいのか迷っている際は、就活を終わらせないことをおすすめします。

就活を続けながら、

  • 改めて自分が働く上で大切にしたいこととそれが満たすことができる企業の言語化
  • 内定を得た企業のデメリットとそれが許容できるか
  • 働いている社員の方から話を聞いて不安を払拭したい懸念点はないか
  • ある場合は、企業に連絡を取って面談のお願いをする

といったように、自分がなんとなくその企業がいいと思っていたけど、それは本当かということを様々な角度から見つめ直した上で結論を出しましょう。

内定をもらえない場合も考えられるので、あまりここに時間を掛けすぎずに他社の選考対策をしておくことをおすすめします。

④他社の選考対策をする

最終面接で受けた企業から内定をもらってもより志望度の高い企業が残っている場合やそうでない場合でも選考に落ちてしまう場合もあるので、他の企業の選考対策を続けましょう。

一般的に早くて当日や翌日〜長くて数週間後に最終面接の結果が来ます。

それまで不安な中、他の企業の対策をするのは苦痛かもしれませんが、並行して行っておきましょう。

連絡が来るまで何もしていないと、自分が本当にその企業に入社をして良いのかを余裕を持って見極めることや他の企業で上手く選考突破をすることができません。

前向きに他社の選考対策をしながら、自己理解を増やし、自分に合った企業の選定と選考突破をしていきましょう。

~最終面接が不安で仕方ない人必見!受かるためにするべきことを徹底解説!~まとめ 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本記事「最終面接が不安で仕方ない人必見!受かるためにするべきことを徹底解説!」はいかがだったでしょうか?

「最終面接は誰もが緊張し、ここまできたからには受かりたい!」と思うはずです。

その気持ちが強いあまり、自分視点の回答にならないよう、常に相手視点に立った受け答えを意識しましょう。

最終面接の通過率は約50%とこれまでの面接より最も高いです。

したがって、入社への熱意や自分の人間性を適切に伝えることができれば十分に受かることが可能です。

今まで努力してここまできた自分に自信を持って、最終面接に挑んでいきましょう!

就活生の3人に1人が利用する「キャリアパーク就職エージェント」。就活のプロが面接対策をしてくれるので、最終面接も自信を持って挑むことができますよ。

\自分に専属のプロアドバイザーがつく!今すぐ簡単無料登録してみる!/

キャリアパーク就職エージェント」の評判についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、登録に迷っている人は是非参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました