大学生はつらい?しんどい?よくある悩みと対処法を合わせて解説!

大学生活

入学前は楽しみにしていた大学生活!

しかし、いざ入学してみると、「なんか思っていた大学生活と違っていてつまらない、つらい・しんどい、何のために大学に行ってるのか分からない」と悩んでいませんか?

そこで本記事では、「よくある大学生でつらいと感じる時」「それぞれの対処法」について詳しく解説していきます。

この記事を最後までご覧いただくことで、つらい・退屈な大学生活の対処法が分かり、納得のできる有意義な大学生活を送ることができるようになります。

よくある大学生がつらいと感じる時とその対処法

大学生でつらい・しんどいと悩みを感じるよくあることをご紹介します。

あなたも大学生活に悩みを抱えていたら、「自分も同じような悩みを抱えていたけど自分だけではないんだなぁ」とまずは安心してください。

  • 大学の勉強に興味が持てない
  • 大学の勉強が難しくて着いていけない・課題に追われる
  • 友達との人間関係がうまくいかない・友達ができない
  • 初めてのバイトで不安だらけ
  • お金がない
  • 将来が漠然と不安

①大学の勉強に興味が持てない

人によっては、現在の大学で学んでいる学問の分野に興味が持てず、勉強のモチベーションを失っている人もいるかもしれません。

自分が選択した大学・学部でも、思っていたのと違ったということはありますよね。

対処法

この悩みの対処法として以下のことをおすすめします。

  • 教授にその分野についてのおすすめの書籍、論文を聞いて読んでみる
  • 教授に大学の学部で学んでいることが社会にどう活かすことができるのか聞いてみる
  • 同じ学部の先輩がどのような就職先に就職しているのか調べてみる

自分自身が現在学んでいることが、卒業後にどう活かせるのか知ることで、モチベーションアップに繋がります。

また、卒業生の就職先情報は、大学のキャリアセンターで聞いてみると知ることができる場合が多いです。

②大学の勉強が難しくて着いていけない・課題に追われる

  • 「大学の勉強が難しくて着いていけない!」
  • 「このままだと単位を落としてしまう…。」
  • 「レポートなど課題に追われる…。」

と大学の勉強について悩んでいませんか?

対処法

  • 友達や先輩、教授へ疑問点を聞いてみる。
  • 予定を詰め込みすぎないで勉強の時間を十分確保する。

いきなり教授に質問するのは気が引けるという方はまず友達や頼りになる先輩に分からない点の考え方や勉強法について聞いてみましょう。

それでも解決しない場合は、教授に確認してみましょう。

「教授が怖い…。」という人は勇気がいるかもしれませんが、分からないことを積極的に聞いて勉学に取り組んでいる学生に対して教授も快く教えてくれるはずです。

教授に質問する時は、以下のような配慮を心掛けましょう。

  • メールなどで都合がよい日時をアポイントメントを取っておく。
  • 講義内容についての質問はその講義を担当している教授に質問する。
  • 講義内で話していたことをそのまま聞くような質問はしない。(聞き漏らして聞くことになる場合は、「講義中におっしゃていたのに申し訳ないのですが、もう一度ご確認させてください。」といった言葉を添える。)
  • 自分はどこまで考え、どこからが分からなかったのかということを明確にして質問する。

③友達との人間関係がうまくいかない・友達ができない

大学では、クラス分けがなかったり、自分で科目を選択して時間割を組むなど自由度がかなり高いです。それ故に大学の友達は広く浅い関係になりやすいんですよね。

また、友達ができないということもあります。特に、オンライン授業が大半を占めている大学は友達をつくることが難しい状況ですよね。

対処法

友達はいるんだけど、なんか上辺だけの関係でつまらないなという方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

「大学で中々友達ができず、ぼっちに悩んでいる…。」という方はこちらの記事を是非ご覧ください。

④初めてのバイトで不安だらけ

高校ではバイトが禁止されていたけど、「大学からはバイトをしてみよう!」と考える人も多いですよね。

しかし「初めてのバイト、不安だなぁ…。自分にも上手くできるかなぁ。」と不安に感じていませんか?

バイトにかかわらず初めてのことは不安に感じるものですよね。

対処法

最初は誰もが初めてで不安な思いを抱えながらバイトを始めるものです。

バイトを実際に始めたら同じアルバイトさんや店長さんが優しく教えてくれるはずです。

また、バイトを申し込む前に一度、バイト先の下見をしておくことでお店の雰囲気をつかむことができます。

接客の態度が良いから従業員間の仲も良いとは限りませんが、親切な接客対応をする店員さんを見て、「自分もあのような人になりたい!」とモチベーションも上がるはずです。

是非バイトを申し込む前に下見へ行ってみましょう!都内の飲食店を探している方には、タダで下見の食事ができる「ペコリッチ」がおすすめです!

ペコリッチ」に早速登録して、バイトの下見に行く!

⑤お金がない

大学生だと生活費、サークル、飲み会、遊びなど、なにかと支出が多く、お金がないという方は多くいます。

実際、全国大学生協連の「第57回学生生活実態調査 概要報告」によると、自宅生の生活費支出合計が62,970円で収入合計が63,630円で、差額は420円です。

出典:第57回学生生活実態調査 概要報告

一方、下宿生の生活費支出合計が125,040円で収入合計が125,280円で差額は240円です。

出典:第57回学生生活実態調査 概要報告

自宅生でも下宿生でも、収入と支出の差額は500円未満で、お金が十分に足りている訳ではないことが分かりますね。

対処法

対処法としては、以下のようなことが挙げられます。

  • バイトをする
  • 固定費を見直す
  • 大学で過ごす時間を増やして光熱費を削減する
  • 学割を活用する
  • 個人で稼ぐスキルを身につける

固定費の見直しなど自分ができることから始めていきましょう!

個人で稼ぐスキルを身につけるなら「テックアカデミー」がおすすめ!

⑥将来が漠然と不安

  • 「将来やりたいことも夢もなくこのままで大丈夫かなぁ…。
  • 「就活で内定をもらうことができるのか不安…。」
  • 「就職できても自分が納得して働くことはできるのかなぁ…。」

と先を見通すことが困難な昨今において、漠然と不安を感じている大学生は多いのではないでしょうか?

大学までは「学ぶ」というサービスを受ける側でしたが卒業後は社会へ貢献する、責任がさらに大きくなる立場が変わりますよね。

立場が変わり、責任が大きくなるので誰もが漠然とした不安を抱えるのも当然なのです。

現在、1、2年生の人は就活に対して不安を抱えている人と思います。こちらの記事で大学1、2年生からできる就活対策について解説しているので、是非合わせてご覧ください。

以下の記事は、2年生向けに書いていますが、1年生でも活用できる情報が盛り沢山なので、是非まだ1年生の方もご覧ください!

既に就活は終わっているんだけど、社会に出て1つの会社だけで働いていくのが不安…。という方もいますよね。

そんな方は1つの会社に依存しないために自分にスキルをつけて副業をし、もう1つの収入源の柱をつくれたらよりゆとりを持った生活ができると思いませんか?

テックアカデミーでは、選抜された現役エンジニアからをWeb制作やプログラミング、アプリ開発など専門的なスキルを自宅からオンラインで学ぶことができます!

  • [安心]初心者が9割以上
  • オンラインで完結!
  • プロのパーソナルメンターにチャットで質問できる!
現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー

↓まずは無料体験を受けてみる!

テックアカデミー無料体験

もし入社した企業が合わず、転職をするとなっても自分にスキルがあれば転職もしやすいですし、収入もつくれるので、安心して転職活動だってできます。

上手くいけばフリーランスとして働くこともできます。

大学がつらい・しんどい時[その他の対処法]

ここまで「よくある大学生がつらいと感じる時とその対処法」について解説してきました。

自分も悩んでいたけど他の人も同じように感じている!適切な対処法がある!と思うと、大分気が楽になったのではないでしょうか?

他にもつらい大学生活を脱却する対処法・充実した大学生活へ導くための方法を解説していきますので、楽しんでご覧ください。

自分の強みを発見する

自分の強みを発見することで、自分に自信を持つことができます。

さらにその強みの把握から自分が熱中したいことや将来に向けて行っていきたいこと、実現したいことが明確化します。

こちらの記事で、無料で利用することができる自己分析ツールを紹介しています。

就活において自己分析をし、自分の強みを把握することはとても重要になります。

就活を控えている人は、是非今から自分の強みを把握しておきましょう。

没頭できることに取り組む

②で把握した自身の強みから没頭できることに取り組んでみましょう。

何か没頭できることに取り組むと、毎日充実感を感じ、つらい思いを払拭することができます。

何に没頭すればよいかわからない!という方はこちらの記事で時間のある大学生におすすめのものを解説しているので、是非参考にしてみてください!

恋人をつくる

大切な恋人をつくることで、その恋人に相談をすることができ、悩みを聞いてもらえることでしょう。

同い年や年下であれば、悩みを共有し合うことができ、年上であれば人生の先輩として相談に乗ってもらったりするとよいでしょう。

出会いがないという方は「Pairs」で恋人を探してみる!

休学を考える

大学を休学するというのも手です。

  • 休学をしてじっくり自分の考えていることや今後の将来について考える
  • 大学在学中だと時間がなくてできないことに熱中する

という時間の使い方をすることでより良い方向へと導くことができる可能性があります。

注意点として、休学をするのには大切な時間やお金が関わってくるので、必ず教授や親へ相談をし、休学した際のデメリットも考慮した上で慎重に決断していきましょう。

大学生はつらい?しんどい?よくある悩みと対処法を合わせて解説!

今回の記事「大学生はつらい?しんどい?よくある悩みと対処法を合わせて解説!」はいかがでしたでしょうか?

希望を持って入学した大学でつらいと感じてしまうのは、とても悲しいですよね。

社会人の目線からすると、大学生でしかできないことというのはたくさんあります。

是非今回の記事を参考に行動を移し、より良い大学生活へと導いていきましょう!


タイトルとURLをコピーしました