お金がない大学生はどうする?金欠になる原因と対処法を徹底解説!

お金

大学生になって、

「たくさん時間はあるんだけど、お金が無い!」と陥ったことがある方は多いのではないでしょうか?

特に一人暮らしの方は家事などもしながら支出の管理をするのは大変ですよね。

そこで本記事では、金欠対処法について「支出を削減する編」と「収入を増やす編」に分けて詳しく解説していきます。

是非自分に合ったものから実践していけるよう何度も見直していきましょう。

↓超便利!家計簿管理アプリ「マネーフォワード Me」に無料登録して収支を把握する!

マネーフォワード Me

大学生はお金に余裕がない人が多い!?

大学生になるとサークルや飲み会、遊び、友達への誕生日プレゼントが豪華になるなど、なにかと支出が多く、お金がないという方は多くいます。

実際、全国大学生協連の「第57回学生生活実態調査 概要報告」によると、自宅生の生活費支出合計が62,970円で収入合計が63,630円で、差額は420円です。

出典:第57回学生生活実態調査 概要報告

一方、下宿生の生活費支出合計が125,040円で収入合計が125,280円で差額は240円です。

出典:第57回学生生活実態調査 概要報告

自宅生でも下宿生でも、収入と支出の差額は500円未満で、お金が十分に足りている訳ではないことが分かりますね。

まずは収支のバランスを把握しよう

お金の管理をする上で、まず収入と支出のバランスを把握するということが大切です。

なんとなくでしか収支のバランスを把握していないと、収入に比べてたくさんお金を使っていたということがあっても気づきづらく、いつしか貯金残高が底をつきてしまいます。

収支のバランスを可視化することで、どれだけの収入があってそのうちどれだけの支出があるかを把握できます。その上でどうやって支出を抑えて収入を増やせば自分なりに満足した生活ができるのかという次の具体的な行動が明確になるんです。

でも家計簿をつけるのって面倒で続かないという方もいますよね。

そんな人におすすめなのが

マネーフォワード Me

です。

銀行口座やクレジットカードなどを登録することで、収支を自動的に反映させてくれるので、とても便利です。

レシートを見て書き写すといっためんどくさい作業は一切なしでOKです。

電子マネーやポイントサイト、クレジットカード、銀行など複数登録が可能なため、自分の資産全体を可視化するのにとても有効的です。

アプリで利用することができるので、いつでも簡単に確認もできます。

無料で使える範囲も広い便利なツールなので是非活用してみてください。

↓マネーフォワード Meに登録して家計簿をつける

マネーフォワード Me

大学生が金欠になる原因

先述したように大学生で、お金に余裕がない人は結構いますよね。実際、私の看護学部の友達は、「実習があってバイトできない!でもお金も無くてやばい!」と言ってる子や「バイトはしているんだけど、ライブでお金飛んでいく~!」と言っている文系の友達もたくさんいます。

大学生が金欠になる原因は人それぞれですが、多くの大学生が金欠になる原因として以下のことが挙げられます。

  • サークルや飲み会、遊び、プレゼントなど娯楽・交友関係の出費が多いから
  • 自炊をせずに外食する頻度が多いから
  • 服やカバン、化粧品などファッションや美容の出費が多いから
  • 学費や教科書代が高いから

大学生が金欠になる原因①サークルや飲み会、遊び、プレゼントなど娯楽・交友関係の出費が多いから

大学生になると、新入生歓迎会やサークル・ゼミが終わった後、文化祭の打ち上げなど飲み会をすることが増えてきます。

最近は、オンライン飲み会も流行していますが、大学が対面授業になると、飲み会などもまた増えてくるでしょう。

大学生が金欠になる原因②自炊をせずに外食する頻度が多いから

たまにならいいかもしれませんが、外食が度重なると支出に響いてしまいます。

一人暮らしの人は自炊をせずについついめんどくさくて外食をしてしまうという人もいます。

特にサークル終わりや5限の授業が終わった後、1限前のお弁当づくりは大変ですもんね。

しかし、毎日1食分を外食したら、1食1000円として1000×30=30000円の出費につながります。

自炊をすればもっと安く抑えられることができます。

また、外食はカロリーが高いことが多く、健康的にもよくありません。

大学やバイトが休みで時間がある時に、作り置きをして冷凍しておき、温めるだけで食べられるというようにしておくと便利なので一人暮らしの人は是非行ってみてはいかがでしょうか?

大学生が金欠になる原因③服やカバン、化粧品などファッションや美容の出費が多いから

高校生までは制服だったけれど、大学生になると毎日私服になり、人によっては大学生からメイクをするようになるという人もいますよね。

そのため、服やメイクなどの美容代が今まで以上にかかってきます。

さらに「大学生から垢抜けたい!」と思い、

  • 脱毛
  • まつエク・マツパ
  • ヘアカラー
  • 眉毛カット
  • 高めの美容院
  • デパコス

などにもお金をかけると、かなり美容代の出費がかさんできます。

大学生が金欠になる原因④学費や教科書代が高いから

中には大学の学費を自分で払っている人もいますよね。その他にも講義で使用する教科書代がかかってきます。

必要なものは惜しみなく購入した方が良いですが、中古品を購入する・ほぼ使用しないものは図書館で借りるといった対策を取ることも視野に入れると支出を抑えることができます。

お金がない大学生の金欠対処法[支出を削減する編]

収支のバランスを把握することがお金の管理をする上で大切なことを述べました。

金欠対処法として、まずは支出を削減する方法として以下のものが挙げられます。

  • 固定費を見直す
  • 大学で過ごす時間を増やす
  • 必要のない教科書は買わない
  • できるだけ自炊をする
  • 学割を活用する

固定費を見直す

固定費の削減を行うことで、積み重ねると大きな額の出費を抑えることができます。

収入を増やすのって中々大変ですよね。しかし、固定費の見直しはすぐにでも行うことができますよね。

月数百円~数千円でもその積み重ねって本当に大きなお金になるので、その時はめんどくさくても長期的な利益を考えて見直すようにしましょう。

大学で過ごす時間を増やす

大学で過ごす時間を増やすことで、光熱費の削減に繋がります。

おすすめは、大学の図書館です。図書館は勉強する環境が整っていているので勉強にも集中できます。

カフェだとドリンク代を払わないといけないですが、大学の図書館はその必要がなく無駄な出費が抑えられるのでおすすめですね。

必要のない教科書は買わない

学生の本分は勉強することなので、必要であれば教科書は基本的に購入するスタンスでいましょう。しかし、購入したけどほとんど開かない、目を通さない教科書、参考書ってありませんか?

私も3000円くらい出して購入した参考書を1学期中に1回も開かないことがありました…。

そもそも講義内でも使用しないようなものや教授がプリントして配布してくれるものなどは購入しても無駄になってしまいます。

たまに必要なものは図書館で借りる、中古品を購入するという対処を取ることをおすすめします!

できるだけ自炊をする

一人暮らしの人はできるだけく自炊をして支出を抑えたいですね。「1限前にお弁当や朝ご飯を作るのはめんどくさいし時間がない…。」という方は

  • 一回に多めの量を作って何回かに分けて食べる
  • 全休の日など空いている日に作り置きをしておき、温めるだけの状態のストックを作っておく
  • 納豆、豆腐、野菜、果物、パンなど調理しなくてもすぐに食べられるものをスーパーで購入する

学割を活用する

大学生はさまざまな学割を利用することができます。

是非、大学生のうちに学割を活用し、お得にしてサービスを利用していきましょう。

学割例

Prime Student

  • 今話題の音楽や映画、アニメが見放題!聴き放題!Amazonの配送オプション使い放題!
  • 通常会員費の半額の月額250(税込)!
  • 音楽聴いたり映画、アニメ大好き!Amazonでネットショッピングをよくする人はお得!

Prime Studentを利用する!

全身脱毛 キレイモ

  • キレイモなら追加料金なしで顔脱毛・VIO脱毛が可能!
  • シェービング代・キャンセル料、パーツの追加料金もなし!
  • なんと医師がおすすめする脱毛サロン1位で返金サポートやドクターサポートもあるから安心!

無料カウンセリングに行くだけで、両ワキ脱毛が1回無料!+500円分のスペシャルクーポンがもらえる!

キレイモの無料カウンセリングに早速行ってみる!

お金がない大学生の金欠対処法[収入を増やす編]

支出を削減する方法を理解したところで、続いては収入を増やす編を見ていきます。

  • 大学の成績を上げて奨学金制度をもらう
  • 不用品などを売る(フリマアプリ)
  • 有給インターンに参加する
  • アンケートモニターを行う

大学の成績を上げて奨学金制度をもらう

大学の成績上位者となって、大学独自で設けられている奨学金制度を活用する方法です。これはまさに大学生ならではが使えるものですよね。

特に奨学金制度がない大学もあるかもしれませんが、設けられている大学は是非成績上位者を目指していきましょう!

私さざんかも大学3年時、学科の中でGPA(大学の成績評価法のひとつ)が1位となり、10万円の支給を得ることができました。

大学によっては、年間の学費無償である制度を有している大学もあるので、確認してみましょう。

大学の勉強を頑張って知識も深まる上に奨学金までもらえるのでとても嬉しいですよね。

不用品などを売る(フリマアプリ)

身の回りの不用品をフリマアプリで売ってみると収入を得ることができます。

部屋の断捨離にもなるので、是非行ってみてください。私も部屋の片付けをして不要だと感じた物を出品して、収入を得ることができています。

メルカリ

有給インターンに参加する

これから就活を控えている人には有給のインターンを行うというのもおすすめします。

就活を控えているのであれば、アルバイトをするよりインターンをする方がおすすめです。

なぜなら、就活において以下のようなメリットがあるからです。

  • 就活時にインターンの経験をアピールすることができる
  • 業界、企業、職種の理解が深まる
  • 自分がその業界、企業、職種に合っているか見定める材料を得ることができる
  • 活躍している社会人や同じインターン生と関わることで就活へのモチベーションが上がる
  • アルバイトだと慣れてきてしまうと同じ作業だけで学びや成長の機会が少ない
  • アルバイトだと他の就活生と差別化しづらい

アンケートモニターを行う

アンケートモニターとは、自分自身に関するWeb上でアンケートに答えたり、座談会で何かのテーマについて話したり、商品を試して感想を答えるといったものがあります。

アンケートモニターは特別なスキルが無くても会員登録をしてすぐに始められますし、在宅でできるものもありとっつきやすくて良いですね。

Webアンケートは地道にコツコツポイントを稼いでいく形ですが、座談会や商品モニター、会場調査は単価が高く、バイトの時給よりも高くコスパが良いものもあります。

移動時間などちょっとした隙間時間にWebアンケートに回答しつつ、時間がある時に座談会や会場調査に参加してみるといったように自分の予定や生活スタイルに合わせてできるのでとてもおすすめです。

↓複数登録してザクザク稼ぐ!

マクロミルに登録する

リサーチパネル

ポイントを稼ぐならInfoQ。業界最高水準の還元率。もちろん登録は無料です。

スキルを売る

「自分にはスキルがあってそれを活かしたい!」という方はそのスキルで稼ぐということがおすすめです。

  • プログラミング
  • 動画編集
  • Web制作
  • Webライティング

など現在では自分のスキルを売ることが簡単にできるようになっています。

自分自身のスキルを活用しつつ、お金を稼げるので是非得意なスキルがある人は挑戦してみましょう!

「いやぁ、自分にはそんなスキルないしなぁ」という方は、学ぶところから始めてみましょう。

すぐに稼げるようにはならないかもしれませんが、スキルがつくことで

  • 就活が有利になる
  • 副業として案件を獲得できるようになる
  • スキルを高単価で売れるようになる

といったように長期的に見れば、金欠を脱却できる路線へ乗ることができます。

↓選抜された現役エンジニアからプログラミングを学ぶ!

  • [安心]初心者が9割以上
  • オンラインで完結!
  • プロのパーソナルメンターにチャットで質問できる!
現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー

↓まずは無料体験を受けてみる!

テックアカデミー無料体験

アルバイトをする

収入を増やすと聞いて馴染みがあるのはやはりアルバイトですよね。

先述したようにスキルをつけて稼ぐ方が将来的にはおすすめですが、スキルをつけるには時間もお金もかかるので、まずは元手の資金を集めるということでアルバイトをするというのはアリですね!

↓都内で飲食店バイトを探してみる!無料で食事の下見ができる求人も!

バイト探しで得しちゃおう【ペコリッチ】

↓最大15万円のお祝い金がもらえる求人あり!「最速」で「最適」なアルバイト探しができちゃう!

ギガバイト

お金がない大学生はどうする?金欠になる原因と対処法を徹底解説!~まとめ~

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回の記事「お金がない大学生はどうする?金欠になる原因と対処法を徹底解説!」はいかがでしたでしょうか?

金欠になる原因や収支のバランスを把握することの重要性を解説した上で、実際の行動に落とし込んでいける支出削減法と収入増加法を解説してきました。

本記事を参考にまずは自分のお金がない状態を把握して、その上でどんな行動が最適なのか考えて金欠な生活から脱却してゆとりのある大学生活を過ごしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました