大学生[文系]でバイトをしないのは変?バイトをしなくても良い理由を解説!

Uncategorized

友達にバイトをしていないと、

  • 「え!?バイトしてないの?」
  • 「お金、どうやって賄ってるの?」

と不思議な顔をされたことはありませんか?

また、アルバイトをしていないと

「就活でアルバイトについてアピールできず、不利になってしまうのかな?」

と不安に思っていませんか?

文系大学生で就活もバイトも経験した私さざんかが、

「文系大学生がバイトをしないのは変なのか」「就活に不利なのか」「バイトをしなくてもお金を稼げる方法」について解説していきます。

この記事を読むことで、自分がバイトをするべきなのかどうか明確に把握することができ、自分が納得する充実した大学生活を送ることができるようになります。

是非最後までご覧ください。

[結論]文系大学生でバイトしないのは変ではない!

結論、文系大学生でバイトをしないのは決して変ではありません

なぜなら以下の理由が挙げられます。

  • バイト以外でより有意義な経験を積むことができる
  • 本業である学問にコミットするができる

これらについてはこの後詳しく見ていきます。

大学生でバイトをしていない人はどれくらい?

大学生でバイトをしていない人はどれくらいいるのでしょうか?

マイナビの「大学生のアルバイト実態調査(2021年)」によると、2021年の大学生のアルバイトの就業状況は以下のようになっています。

  • アルバイト就業中の学生は62.9%
  • 就業経験はあり、現在は非就業の学生が25.4%
  • 就業経験無しの学生は11.8%

出典:大学生のアルバイト実態調査(2021年)

約4割の人は、経験の有無問わず非就業なので、意外とバイトをしていない人もいるものですよね。

文系大学生でバイトしないと驚かれる理由

友人や先輩などにバイトをしていないと言って、驚かれるのには以下の理由が挙げられます。

  • バイトをすることが当たり前だという認識があるから
  • 時間がたくさんあるから
  • お金の出費があるから

バイトをすることが当たり前だという認識があるから

マイナビの「高校生のアルバイト調査(2020年)」によるとアルバイトをしている高校生は19.4%でした。

大学生でバイトをしていない人はどれくらい?

で示した通り、高校生に比べて大学生になると一気にバイトをする人が増えるんですよね。

高校生までは学校からアルバイトを禁止されている人もいたかもしれません。しかし、大学になると禁止されるということはないですよね。

大学生は、成人している年齢の人もいますし、数は少ないですが社会人を経験済みの人もいます。

したがって、多くの人がしているバイトをしないことに違和感を感じるのでしょう。

時間がたくさんあるから

全国大学生協連の「第56回学生生活実態調査 概要報告」によると、2020年の大学生の1日の総勉強時間(授業時間+予習復習などの大学の勉強+就活などの大学以外の勉強)が

  • 大学1年生が352.2分
  • 大学2年生が360.1分
  • 大学3年生が342.5分
  • 大学4年生が211.1分

となっていて、1番多い大学2年生でも1日のうち総勉強時間が約6時間なので、日中に勉強をして夕方や夜からバイトということができますよね。

出典:第56回学生生活実態調査 概要報告

また、選択科目の多い学部に所属している人など、全休の日をつくってしまえば、バイトを行うことまできますよね。

お金の出費があるから

全国大学生協連の「第57回学生生活実態調査 概要報告」によると、自宅生の生活費支出合計が62,970円で収入合計が63,630円でその中でも39,860円とアルバイト代が1番多くを占めています。

出典:第57回学生生活実態調査 概要報告

一方、下宿生の生活費支出合計が125,040円で収入合計が125,280円で、仕送りの次にアルバイト代が収入源になっています。

出典:第57回学生生活実態調査 概要報告

自宅生でも下宿生でも、支出が一定額あり、アルバイトの収入でカバーしていることが分かりますね。

文系大学生でバイトしないのは就職に不利?

文系大学生でバイトをしないのは就職に不利なのでしょうか?

結論、バイトをしていないということ自体が就職に不利になるということはありません

確かに就活時に「アルバイトは何をしていたのか?」と面接で問われることもありました。

しかし、バイトをしていなくても、それ以上に何かに打ち込んだ経験があり、適切に伝えることができれば問題ありません。

むしろ、バイトだと

  • 他の就活生と差別化できない
  • 慣れてしまうと新しいスキルや学びを得ることが難しい

といったように、就活で活かすことに限界があります。

就職みらい研究所の就職活動・採用活動に関する振り返り調査 データ集によると、学生が面接などでアピールする項目のうち、アルバイト経験は51.3%なのに対し企業が採用基準で重視する項目のうち、アルバイト経験は26.3%です。

大学生が気にするほど企業はアルバイト経験を重視していないことが分かりますよね。

出典:就職活動・採用活動に関する振り返り調査 データ集

大学生が気にするほど企業はアルバイト経験を重視していないことが分かりますよね。

文系大学生がバイトしなくてもお金を稼げる方法[就活にも活きる!]

とはいえ、先述したように大学生は支出が一定額ありますよね。

「でもバイトはしたくないなぁ…。」と思っている人に、おすすめできるバイト以外にお金を稼ぐ方法として以下の5つをご紹介します。

  • 有給インターンに参加する
  • ブログやInstagramで情報発信を行い、アフィリエイト報酬を得る
  • プログラミングを行う
  • 動画編集を行う
  • Webデザインを行う

あまり聞き馴染みがないものもあるかもしれないので、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

有給インターンに参加する

有給インターンは、企業で実際に実務を行います。

インターンには、1日から10日程度の短期インターンもありますが、有給で就活時にも活かせるインターンに参加したい場合は6ヶ月以上の長期インターンをおすすめします。

インターンに参加すると、

  • 実際の仕事内容を把握することができる
  • 自分に合う・合わない仕事や社風を見極めることができる
  • 仕事で活躍している人の特徴を把握できる
  • 実際に就業経験を積むことができる
  • ビジネスマナーを習得することができる

といったアルバイトでは経験できないことをお金をもらいながら得ることができます。

就活時にインターン経験があり、「そこでどう考え、どう行動した結果、どういうことを学び成長をすることができたのか」言語化できると、アルバイトよりもよっぽど価値ある時間にすることができます。

↓有給インターンに応募してみる!

ゼロワンインターン

ブログやInstagramで情報発信を行い、アフィリエイト報酬を得る

ブログやInstagramで情報発信を行い、アフィリエイト報酬を得るという方法もおすすめします。

すぐにアフィリエイト報酬を得るというのは、難しいかもしれません。

しかし、ブログやInstagramで情報発信を行う中で

  • Web・SNSマーケティング
  • コピーライティング
  • SEO
  • デザインスキル
  • ライティングスキル

などを学ぶことができます。

これらを学び、得意になるとWebマーケティング会社やIT業界の企業にアピールしやすくなります。

これらの業界以外の業界でも、重宝するスキルなので就職においてプラスになります。

さらに、軌道に乗ってくれば、アフィリエイト報酬にもなるので、時間や努力は必要ですが、長期的に見てプラスになります。

↓Webマーケティングを丁寧に学んで情報発信をしていきたい女子大生は「WeRuby」がおすすめ!

WeRuby

プログラミングを行う

プログラミングを学んで案件の獲得やインターンで稼ぐ方法です。

プラグラミングを学んで稼ぐメリットは

  • ITの知識を身につけることができる
  • 就活さらには転職でもアピールできる
  • 個人でも稼げる力を持つことができる

経済産業省のIT人材需給に関する調査(概要)によると、2030年のIT人材は、約45万人、最大で79万人も不足するとされています。

出典:IT人材需給に関する調査(概要)

それだけ希少価値の高いスキルであることが分かりますよね。

したがって、就活時にIT業界に就職する際にアピールすることができ、有利になります。

dodaの転職求人倍率レポート(2021年7月)によると、IT・通信の求人倍率は6.82倍と他業種に比べても突出して高いことが分かります。

出典:転職求人倍率レポート(2021年7月)

つまり、IT・通信業界で人手不足であり、未経験でも採用をしているので、ITスキルがある人はかなり重宝されます。

↓選抜された現役エンジニアからプログラミングを学ぶ!

  • [安心]初心者が9割以上
  • オンラインで完結!
  • プロのパーソナルメンターにチャットで質問できる!
現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー

↓まずは無料体験を受けてみる!

テックアカデミー無料体験

動画編集を行う

続いては動画編集スキルを学んで編集を行うことで稼ぐ方法です。

動画編集を行うメリットは

  • 将来性のある市場である
  • AIに代替されるリスクが低い

全世代でスマートフォンがネット利用のメインデバイスに~ニールセン 2019年上半期のデジタルメディアの利用動向をまとめた「Digital Trends 2019上半期」を発表~によると、スマートフォンからの動画視聴は5年間で約4倍に増加しています。

出典:ォンがネット利用のメインデバイスに~ニールセン 2019年上半期のデジタルメディアの利用動向をまとめた「Digital Trends 2019上半期」を発表~

さらに、5Gの台頭やテレワーク、オンライン授業などのおうち時間の増加で、より動画視聴時間が長くなり、動画編集ができる人の需要が高まることが予測されます。

カットやテロップ入れをAIに代替されても、面白みのある編集など人間にしかできないAIが苦手とする部分は人間の力が重宝されますよね。

↓プロの動画クリエイターにチャットやビデオチャットで分からないことを聞ける!「Tech Academy」の動画編集コースを受けてみる!まずは無料体験から!

テックアカデミー無料体験

Webデザインを行う

最後にWebデザインを学んで案件の獲得する方法です。

Webデザインでは

  • Webサイトデザイン・制作
  • ロゴ・アイコン制作
  • バナー制作

などの案件を行っていくことになります。

Webデザインを学ぶことでデザイン面だけでなく、マーケティング視点も学ぶことになるので、就活でも非常にアピールしやすいです。

↓1回30分・週2回の講義出コツコツ進められる!「Tech Academy」のWebデザインコースを受けてみる!まずは無料体験から!

Webデザインコース

テックアカデミー無料体験


大学生[文系]でバイトをしないのは変?バイトをしなくても良い理由を解説! ~まとめ~

「大学生[文系]でバイトをしないのは変?バイトをしなくても良い理由を解説!」は、いかがでしたでしょうか?

バイトをしないことは決して変なことではありませんし、就活に不利でもありません。

むしろ、多くの学生がバイトをしているからこそ、今回の記事でご紹介したようなお金を稼ぎながら学んでスキルをつける方が、就活で有利になりますし、自分の市場価値も上がり、自信をつけることができます。

  • 「接客スキルを身につけたい!」
  • 「人脈を広げたい!」

といったバイトをする明確な目的があれば、バイトをするのもおすすめです。

↓都内で飲食店バイトを探してみる!無料で食事の下見ができる求人も!

バイト探しで得しちゃおう【ペコリッチ】

↓最大15万円のお祝い金がもらえる求人あり!「最速」で「最適」なアルバイト探しができちゃう!

ギガバイト

しかし、「周りがやってるから」という理由で始めたり、「バイト三昧でとにかく空いている時間は全てバイトをする!」というのはおすすめしません。

バイトを適度に入りつつ、今回の記事でご紹介したようなお金を稼ぎながら学んでスキルをつけることもできます。

自分の現在の状況に合わせて、賢く選択していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました