大学4年で授業がない、ゼミだけの人必見!差がつく有効的な過ごし方5選!

スキルアップ

「大学4年生になると授業が全然なくて、どう過ごしたらいいんだろう?」

と悩んでいませんか?

そこで本記事では、「大学4年生の授業が少ない理由」や「授業が少ない大学4年生の有効的な過ごし方」について解説していきます。

特に、大学4年の自由な時間で周囲と差をつけたい!という人は必見の内容になっています。

本記事をご覧いただくことで、以下のようなメリットがあります。

  • 大学4年生の貴重で自由な時間を謳歌することができる!
  • 社会人を好スタートで切るための準備をすることができる!

「大学4年の自由な時間を後悔しないで過ごしたい!」という方は是非最後までご覧いただき、素敵な1年にしていきましょう。

大学の授業がなくて時間に余裕がある人には、スキルアップがおすすめ!

↓選抜された現役エンジニアからプログラミングを学ぶ!

  • [安心]初心者が9割以上
  • オンラインで完結!
  • プロのパーソナルメンターにチャットで質問できる!
現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー

↓まずは無料体験を受けてみる!

テックアカデミー無料体験

大学4年生はなぜ授業が少ない?

大学4年生になると、授業の少なさにびっくりする人もいるかもしれません。私も大学4年時は、ゼミともう1科目だけでした。

大学4年生はなぜ授業が少なくなるのか?

それは、大抵1、2年生のうちに、卒業に必要な単位を履修しているため、「残りの授業が少ない」「ゼミだけ」といった状況になるのです。

1、2年生のうちに、その年度の履修可能範囲の上限まで科目数を履修していた人は、まず3年生から履修すべき科目の量が一気に減るため、1、2年生よりも授業の面においては楽に感じることでしょう。

ただ、文系の場合はこの傾向が強いのですが、理系や必修科目の多い学部などは異なります。

大学4年生は授業がないけど忙しいの?

  • 大学4年生はそんなに授業がなくて、何しているの?
  • 大学4年生は他に忙しいことがあるのかな?

と逆に不安や疑問を感じるかもしれません。

大学4年生の忙しさは人によって異なるのですが、4年生で忙しい人の要因として以下のことが挙げられます。

  • 就職活動
  • 卒業研究、ゼミ
  • 実習
  • 大学院試験
  • 国家試験

4年生の忙しさは人によって異なるというのが実情です。

例えば、就活時に受ける企業数が50社以上の人と2~3社程度の人とでは忙しさは異なってきます。50社以上の人は各社のエントリーシートの作成や企業研究、選考対策、面接の日程調整など短期間の間にかなり忙しくなります。

また、人によっては、公務員試験を受ける人は、4年生の秋頃まで就活が続きますが、一般企業で第一志望から春頃に内定をもらえば、その後の忙しさは軽減されます。

そもそも外資系企業や早期選考の企業など大学3年生のうちに第一志望からの内定をもらった人は4年生で就活をしないという人もいます。

また、卒業研究や国家試験の多くは4年生の1年間またはそれ以上をかけて行うのものなので、卒業研究や国家試験があるかないかも忙しさには大きく影響します。(卒業研究や国家試験がない、強制でない大学・学部もあります。)

大学4年で授業がない!ゼミだけの人の有効的な過ごし方5選!

「大学4年で授業がない・少なすぎてどのように過ごしたらいいんだろう?」と迷っている方に向けて、有効的な過ごし方を解説していきます。

しかも、これからご紹介する過ごし方を実践することで、遊びに全部時間を費やしている周囲と差をつけることができるので、是非これからの過ごし方に取り入れてみてはいかがでしょうか?

  • 個人で稼げるスキルをつける
  • お金の勉強をする
  • 本を読む
  • 朝活を行う
  • 1日にやるべきことを前日の夜に書き出す

1つ1つ見ていきましょう!

個人で稼げるスキルをつける

「急いでお金を稼ぐほどお金には困っていない」「社会人になった後に仕事が続くか不安」という方は、是非個人で稼ぐスキルをつけておくことをおすすめします。

すぐに稼げる訳ではありませんが、社会人になった後もそのスキルは活き、副業として本業以外から収入を得ることやスキルの高さによっては将来独立することも可能です。

  • プログラミング
  • 動画編集
  • Web制作
  • Webライティング
  • 情報発信

など現在では自分のスキルを用いて仕事を受けることができるようになっています。

すぐに稼げるようにはならないかもしれませんが、スキルがつくことで

  • 副業として案件を獲得できるようになる
  • スキルを活かして高単価で仕事を取れるようになる
  • フリーランスという働き方も視野に入れることができ、自由が広がる

といったように長期的に見ると、多くのメリットを享受することができます。

また、すぐには稼げるようにならないと言いましたが、人によっては初月から収益を出している人もたくさんいますし、まずは自己アフィリエイトで資金を得ることは即効性がありすぐに稼ぐことができます。

ちなみに自己アフィリエイトというのは、ブログなどで商品やサービスなどの広告を紹介してその紹介料をもらうアフィリエイター自身が広告の商品やサービスを購入し、アフィリエイト報酬を得るという方法です。

ブログなど情報発信を通じてアフィリエイトをしてみたい!という方はまず自己アフィリエイトで資金を得ることでその後の学びながら情報発信をしていくことがおすすめです。

会員数・広告主数ともに最大規模のASP「A8.net」を無料登録して、自己アフィリエイトから始める!

初心者でも安心のサポート!アフィリエイトを始めるならA8.net

↓選抜された現役エンジニアからプログラミングを学ぶ!

  • [安心]初心者が9割以上
  • オンラインで完結!
  • プロのパーソナルメンターにチャットで質問できる!
現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー

↓まずは「テックアカデミー無料体験」を受けてみる!

テックアカデミー無料体験

お金の勉強をする

社会人になる前にお金の勉強をしておくことで、社会人になった時にとても役立ちます。

これは、4月から新社会人を迎えた私にとっても4年生の時に勉強しておいて本当に良かったなと感じていることです。

社会人になると、会社にもよりますが研修期間中などに保険や財形貯蓄、確定拠出型年金の案内があります。

その際に自分に不必要な保険に加入して固定費が増えてしまったり、確定拠出型年金のしくみが分からなくてめんどくさいからまぁいいやとやらずに放置していたら年を重ねた時にやっておけば良かった。と後悔していただろうなと思います。

額面給与からどんな保険料や税金が引かれるのかを理解しているのといないのとでは、マネーリテラシーは大きく異なりますよね。マネーリテラシーが高ければ、

  • 自分はどんな制度を活用するべきなのか
  • 1ヶ月の支出はどれくらいに抑えるのか
  • 老後にお金を備えるためにどんなことをするべきなのか
  • どんな資産運用をしていくべきなのか

について考えることができるようになります。

社会人になると、自分でお金を稼ぐようになりますが、その分管理も自分で行うことになります。社会人になって思うのは、社会人になって勉強しようと思っても時間がなくて後回しになってしまいがちです。

今時間のある大学生のうちにお金の勉強をしておきましょう。

↓見やすく面白くてお金の勉強を始めるのにおすすめの一冊!早速読んでみる!

本を読む

続いて本を読むことです。ジャンルとしては自分の好きなものでも良いですが、「普段あんまり本読まなくて何読んだらいいんだろう?」と考えている人は学べる本がおすすめです。

先程のお金に関して学ぶことができるマネー本やビジネス書、健康や人間関係、個人で稼ぐことが学べる本など自分の学びになる本をおすすめします。

社会人になる前から学びを増やすために本を読んでいると、社会人になった後も学ぶ習慣が身につきます。

また、知識があることで視野を広く様々な選択肢を見ることができたり、人と話をしていて話題のネタの引き出しを増やすことができます。

本は、自分が人生で経験できない学びを先人から学ぶことができる最強ツールなんです。

「本を読むのが苦手」「時間が確保しづらい」という方は耳で聴けるオーディオブックがおすすめです!

オーディオブック配信サービス – audiobook.jp

朝活を行う

朝、早起きをして朝活をしてみましょう。

「朝、弱くて今までも1限の授業、いつも遅れてた…。」という方もいるかもしれません。確かに大学生で、1限が苦手な人は多く、遅れてくる人もいました。

しかし、社会人になると9時出勤の会社も多くあり、8時30分など会社によっては8時代の出勤時間の人だって多くいます。

大学生の今から早起きに慣れておくことで、社会人になった後も苦労しません。多くの学生が1限を苦手としている中で、朝早起きをして時間を確保し、やるべきことをやるということが習慣化していると周囲と差がつくのも一目瞭然ですよね。

さらに朝の早起きを継続することで、自分に自信を持つこともでき、就活を始め、今後の人生で自己肯定感を高く生きることができるようになります。

私は「朝の時間を制するものはその日を制す」という言葉を自分の心の片隅にいつも入れています(笑)

1日にやるべきことを前日の夜に書き出す

就活で内定を迎えた後、多くの4年生は自由に使える時間が増えます。人によっては1週間を通して全休の日の方が多くなることだってあります。

その際に、1日にやるべきことを決めないでなんとなく過ごすのは、とてももったいないです。

実際、私は現在社会人1年目で同期と「内定をもらった後の大学4年の時何していたか?」という話をすると、大抵「お昼頃まで何にもせず寝てた」「ずっとNetflix見てた」「とにかくダラダラしてた」という人がとても多いんです。

人によって価値観はそれぞれですが、私は若い時にこんな時間の使い方をするのはもったいないなと思ってしまうんですよね。

ダラダラすることって時間さえあればいつでもできることですし、特別なスキルは身につきません。でも学んだり自己投資になることって早ければ早いほど、自分のものになって自己肯定感が高まり、その後の人生を豊かにしてくれると思うんですよね。

もちろんダラダラすることが悪いとは思いませんし、休息を取ることは大切なことです。しかし、この記事をご覧いただいている方には大学4年生という1年間を全てダラダラした時間に傾ける1年にはしてほしくないというのが筆者の思いです。

そこで、1日のやるべきことを前日の夜に書き出しておくということがおすすめです。

「前日の夜に」というのもポイントで、前日に計画をしておくことで以下のようなメリットがあります。

  • その日、スムーズにスタートを切ることができる
  • 前日に感じた反省を活かした計画を立てることができる
  • 寝る前に書いておくことで記憶に定着しやすい
  • 起床時間が明確になる

~大学4年で授業がない、ゼミだけの人必見!差がつく有効的な過ごし方5選!~まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本記事の「大学4年で授業がない、ゼミだけの人必見!差がつく有効的な過ごし方5選!」はいかがでしたでしょうか?

授業がなく時間がたくさんあって何をしたらいいか悩んでいる大学4年生は、今回の記事でご紹介したことを是非参考にしてみてください。

紹介した有効的な過ごし方について「全然遊びの要素なくてつまらなそう」と感じる人もいたかもしれません。周りからは「社会人になると時間もないし学生のうちに遊んどけ!」と言われることもあるかと思います。

確かに遊ぶことも大切なのですが、「大学4年生の時間を100%遊びの時間に傾けなくても良いのではないか?」ということを伝えたいのです。

しかも社会人になると、旅行や遠出することは難しかったり頻度が減ってしまいますが、全く遊べないという訳ではありません。むしろ、社会人になると、普段の仕事のストレス解消やリフレッシュに休日遊んだり美味しいものを食べに行きたくなるものです。

そうすると、社会人になって自分のスキルアップに繋がるために行う時間って本当に限られてしまうんですよね。

したがって、今時間のある大学生は100%とは言わないから少しでも自分のためになる有効的な過ごし方をしてみてはいかがでしょうか?

↓選抜された現役エンジニアからプログラミングを学ぶ!

  • [安心]初心者が9割以上
  • オンラインで完結!
  • プロのパーソナルメンターにチャットで質問できる!
現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー

↓まずは無料体験を受けてみる!

テックアカデミー無料体験
タイトルとURLをコピーしました